記憶の風景
d0090047_2026656.jpg

d0090047_1227344.jpg


校了してほーーーーーっとしていたら、1千万の予算で3年間世界中を旅(ハネムーン)をしていたぶっとび友人夫妻が無事に帰国したとの報告。彼らにとって久しぶりの日本がどう見えるか。会ってその新鮮な感覚に触れるのが愉しみです。

彼らの足下にも及びませんが、15ヵ月の間日本を空けて、パリを拠点に陸路で旅をしていた経験があります。最後はモスクワからシベリア鉄道で帰着。降り立ったひさしぶりの日本は何もかもが新鮮でした。とくに古いもの、時代に見捨てられ今にも消えていきそうな儚いものがキラキラしてみえました。いらい、新しいものより古いものを愛することは、より本質的だと信じるようになりました。

前置きが長くなりましたが、竹中工務店のギャラリーエークワッドで開催中の村井修さんの写真展「都市の記憶」に行って、そんな新鮮な気持ちを思いだしたのでした。建築写真家として丹下健三とか白井晟一とか前衛的な現代建築を撮ってきた村井修さんが、同時にこうした昭和の風景を愛おしんでいたとは意外な気がします。いつかお話を聞いてみたい。

写真は、私の座右の写真集『記憶の風景』です。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-12-14 21:07
<< 小田原のみかん 訳あって・・・ >>



編集者の関心領域
by 池ノ内美和
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
家のこと
blog主
メダカ

自宅改修中
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2015年 09月
2013年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
irei blog
K+Y アトリエ一級建築...
三代目のダイアリー
時々日記
Botanic Jour...
Yan's diary
イシハナ雑記帖
BLOWIN' IN T...
アドさんの東奔西走記
そんな日は海幸橋を渡って
Permaculture実践記
ONE DAY
道具学への招待
平野部屋
これもまた家の話
IKEDA隊長BLOG
玄米食事処 やました
Germans nev...
姉妹堂姉舗
歌ったり 走ったり 考えたり
ソラノケンチク
DesignGarage...
鮨おちあい 本日お勧め
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧