カテゴリ:未分類( 332 )
雪の朝
d0090047_961349.jpg

d0090047_96368.jpg

d0090047_961082.jpg

d0090047_95592.jpg

d0090047_95549.jpg

d0090047_954486.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2012-02-29 09:10
大谷佳子 ガラス 展覧会
d0090047_1453174.jpg
d0090047_14533038.jpg



義妹・大谷佳子の展覧会。3/15〜31@okeba(茅ヶ崎)

大型立体作品(38kg)、大判ガラス板、タイル、照明器具、香水瓶、花器、うつわ、新作多数。
アクセサリー(黒坂愛とのコラボレーション)。

DM写真は香水瓶とコップ。

個展は5年ぶりとのこと。
建築パーツ的なものも充実してるようで、楽しみです。

開催場所のokebaは元酒の桶を直す場所だったからこの名前。
相模線香川駅近くのトラットリア、パン屋、懐石などを備えた酒蔵&ビール工房があるところで、地元では知らない人はいない場所。平日・休日問わず結構いつもにぎわっています。
この熊澤酒造の三代目は(おそらく同世代)、若い頃アメリカを車で旅して、田舎のビール工場なんてのには必ずトラットリア的な併設されていて、そんなのに影響されて、こうした場所を作ったらしい。ちなみに吉村順三作の茅ヶ崎の家を改修して住んでいます。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2012-02-28 15:09
あけましておめでとうございます。
d0090047_20445772.jpg


みなさまにとって充実した一年でありますように!

義母の母上(晶子さん)が縫ったという着物を着せてもらいご満悦の娘っこ。
上を見上げております。

握りしめるのは「うたのほん」。彼女の座右の一冊です。

きらきらと輝ける一年すべく、一日一日を大切に。

MYテーマは、悠々と急げ、にしようかなー。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2012-01-03 20:48
クリスマストゥリー
d0090047_1136786.jpg


保育園でもクリスマスムード一色で、娘も赤鼻のトナカイを口ずさんでいます。

マンション暮らしのときに置いていたシマトネリコでクリスマストゥリー。

しばらくしたら、義母がポインセチアを買って並べてました。地味だったですね笑。

大谷家のグレートグランパ、芍薬博士は、でっかい生木のもみのきを買ってきていたらしい。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-12-12 11:46
被災した猫の話
ストリームバンク渡辺さんのブログにてじいんと心あたたまる話を拝見しました。ほんとうによかった。ご紹介します。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-11-22 11:25
焼きものルーム完成
11月はじめ、名古屋に帰省したら、工場の一画の父の「通称・焼肉ルーム」が完成していました。
d0090047_1155230.jpg

*完成まもない頃
d0090047_1155836.jpg

*知り合いのカーテン屋が店じまいしたらしく、在庫のカーテンが取りついてます。

テイストは微妙ですが、廃材等、ありあわせの材料でがんばりました。

d0090047_11551659.jpg

水回り。

焼肉ルームというより焼きモノルーム。
生活する部屋とは離れているので臭いも気にならずじゃんじゃん焼けるというところ。

実家は昔からとりあえずなんでも焼いちゃえ~的食卓です。
小さい頃、学校から帰ると父が工場で何かの鳥の羽をむしっていて「美和!美味しいもんあるぞーランドセル置いて降りて来い」というのが原風景。80年代なんですけどね。傍らでは火の支度があり・・・

自転車操業的な工場ですので、母は家で家事に専念できるわけでもなく、仕事を終えて二階にあがって、
着替えもそこそこに、台所でザクザク野菜やら肉やらを切って焼いちゃえ~的食卓。
美味しかったですが。だから未だに皆焼きもんが好きなんですね。
冷ごはんとか焼いて五平餅みたく味噌を塗ったのとか。。

いまでこそ家に帰ると母は嬉々として手の込んだ料理をつくってくれますが、昔は母の味とかあまりなかったな。そんな幼少の頃の思い出がよみがえった父の焼肉ルームでした。

d0090047_11552947.jpg

焼き台はこの時のが座卓の高さに合わせて転用。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-11-19 11:51
二歳の記録
d0090047_10564999.jpg

身長83.6cm 体重11.45kg 足の大きさ13.5cm

d0090047_10563128.jpg


千晶の歌好きは保育園でも有名で、常に何か歌っております。
日常のフレーズもすべてメロディに乗っていて、毎日がミュージカル状態。
替え歌も得意。 親は二人とも音楽ダメなのですが、隔世遺伝とかでしょうか?

d0090047_10563944.jpg

親戚のおじさんまで駆けつけて盛大な誕生会でした。
ちあきは昼寝も忘れてはしゃぎ、誕生日ケーキを食べながら眠りに落ちました。。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-11-19 11:04
facebook
facebookに登録しました。
リンクの貼り方がわかりませんが、
miwa ikeuchi
で出てきます。使い方がイマイチですが、よろしくお願いします。

なんか懐かしい人とかが検索で出てきて恐ろしいほどです。。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-11-16 20:24
ザ・デイアフター・ピース
d0090047_0021100.jpg



日付が変わりまして、本日9月21日はピース・デイ ☆
ご存知でしたか?

国連で決議された戦争が(せめて)この一日行われないことを目指す日。

365日、さまざまなメモリアルな日が毎日あり、「へえ、今日は世界平和デーなの、ふーん」と流れていくのですが、

『ザ・デイアフター・ピース(2008)』という映画でこの日制定のいきさつ、一人のうだつのあがらない男(一応俳優)の思いつき、から、国連での決議、各国の要人との対面など、、その過程のドキュメントがとても興味深くわくわくとさせられて、、、。
アンジーやジュードロウが出てきた時よりも、アナン総長が出てきたときの方がカナリうれしかったです・笑
制定後の記念祭典が行われようという日に9.11、、テロがニューヨークで起こり、すごくリアリティがありました。

ザデイアフターピースは2008年の映画ですが、ことしのピースデイに先立って、これもまた廉価な自主上映会が募集され、各地で上映会が行われた模様。

今日は横浜みなとみらいで、ピースデイ関連のイベントUFPFFが行われる。

この映画も、地元の有機貸農園リベンデルに自転車で子連れで観に行きました。ビバ地元☆


二つの映画を重ねて、原発反対につなげるように書く方向を目指しましたが、、その能力が足りず、、
スイマセン汗
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-09-21 00:00
平和と環境、まずは環境
d0090047_2330479.jpg


つい最近、二つのドキュメンタリー映画を観る機会を得た。
一つは『幸せの経済学』、もう一つは『ザ・デイ・アフター・ピース』。
環境と平和の映画。
世界を俯瞰すると、問題はこの二つのテーマに集約する。
それはフクシマにもつながる話なのだ。

まずは『幸せの経済学』。
内容は、簡単に言うと、アンチグローバリズム。ローカリーション(地元贔屓と勝手に訳そう)で幸せになろう、という映画。

湘南に越してからは、ミニシアター系の映画を見逃しているけれど、この映画はDVD貸し出しという形で自主上映会を積極的にやっているから都心に出かけずとも地元で観る機会が得られた。

ちなみに自主上映費用は一日52500円。映画代金1500円、一日二回上映するとして35人集まればペイする。何かお店であれば、そこで商品を販売したりもできるし。
上映カレンダーを見るとエコロジー系のお店やイベントスペースで全国的に自主上映会が広まっている様子。

私が見に行ったのも藤沢のへっころ谷という普段は”ほうとう”の食事処(笑)。なかなか狭苦しい店で、どこで上映するんかなーと思ったら、いろいろ釣り下がっている壁に普通にスクリーンが掛けられた。上映前は”ほうとう"をすすってる人もいた。
この手法もこの映画の主題となるローカリゼーションといえるんだろう。イマイチ映画見た気にはならない雰囲気でしたが・笑。


前置きが長くなりましたが、、

監督&ストーリーテーラーはヘレナ・ノーバーグ=ホッジというスウェーデン女性の研究者で、『懐かしい未来』の著者といえばわかる人はいるかもしれない。
10年ほど前、書評でこの本を読む機会があって、私にとってジョゼボヴェの本とともに”アンチグローバリズム”の扉を開けた本だった。ヘレナは30年以上北チベット、ラダックに通い、自給自足に近い暮らしにこそ現代社会の問題を解く鍵があると研究をつづけ、遠い国の話というだけでない、自国の現代的な暮らしに引き寄せて考えられる抽象的でないロジカルな文体にとても説得力があった。

この映画も具体的すぎるほど、具体的。グローバリズムの問題、ローカリゼーションの具体的手法が68分間にぎゅっと詰め込まれてすっきり整理されてる。ヘレナの本気度が伝わってきた・笑

思想はあっても、ライフスタイルはこれでよいのかと見直したい気持ちのある人は見るとよい。
アンチグローバリスト?のためのインデックス的映画、といってもよいかも。

世界中の活動家のインタビューがたくさん挟み込まれている。
政治家、経済学者、思想家、企業家・・・それぞれの活動を改めて知りたくなる。
何しろテンポよく流れていくので一つひとつ記憶できませんが、、後で調べたいと思う。

アンチグローバルの問題を解く鍵は、そのまんま対義語のようだがローカリゼーション、地元贔屓だ。
あんまり遠いもの、多国籍企業のものはなるべく買わない、地元の店、銀行を使う。
日本ではなかなか難しいけれど、わかりやすい例に本をどこで買うか。
100ドルの本を買ったとすると、チェーン店の本屋だと地元に14ドル流れ
地元の本屋だと40ドル流れるそうだ(不動産や雇用のお金も含めて)。地元の小さな本屋だとこの手の知見が得られる本が買えなさそうだけど、、まあ予約という方法がある、、

ただ、この映画では「個人でできることは限りがある」、とはっきり述べている。
社会のシステム、大企業、政治・・・土台が変わらないと・・。

それを変えるのも一人ひとりの力の集大成なのだけれど、
表層的なエコロジーにまどわされてはいけない、ということを強調していた。
ロハス?エコ商品? それっぽいライフスタイル、商品を買うことでとりあえず満足して社会のシステムに疑問を感じない人は少なくないはずだ。
「今行われていることは、ほんとうの自由経済ではない」という言葉も印象的だった。
大企業へは、税金からあらゆる商品開発への助成を受けていたりする。


まとまりのない映画評といえないエントリーですが、、お勧め映画です。
あなたの地元の上映カレンダーcheck it out!
[PR]
by ikenouchimiwa | 2011-09-20 23:28



編集者の関心領域
by 池ノ内美和
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
家のこと
blog主
メダカ

自宅改修中
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2015年 09月
2013年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
irei blog
K+Y アトリエ一級建築...
三代目のダイアリー
時々日記
Botanic Jour...
Yan's diary
イシハナ雑記帖
BLOWIN' IN T...
アドさんの東奔西走記
そんな日は海幸橋を渡って
Permaculture実践記
ONE DAY
道具学への招待
平野部屋
これもまた家の話
IKEDA隊長BLOG
玄米食事処 やました
Germans nev...
姉妹堂姉舗
歌ったり 走ったり 考えたり
ソラノケンチク
DesignGarage...
鮨おちあい 本日お勧め
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧