<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
隣人物語
こちらは、引っ越しのご挨拶の品。

ここは雑居ビルが立ち並ぶ(ピンク系含む)中野の街中。でも、私の住む界隈だけ築30年くらいの戸建て住宅が5,6軒立ち並ぶ庶民的な住宅街。ご近所の面々はなかなか個性的で、エントリーした自力解体のオジサン(もみじマーク付き)、元家具職人のご隠居、その隣はフィリピン人のお嫁さん、画家、いつも路地を掃き清めるオバサン(路地に野菜を植えたら注意された・汗)、そして怪しい編集者。道の向こうには杉並のすっごいお屋敷群があります。なかなか重層的な界隈です。

私が住むのは、築32年の2階建て木造住宅の2階。広さは30m2ちょっと。もとは普通の住宅だったのを、高齢の大家さんがエレベータ付きのマンションに移ったのを機に、1階と2階で貸家にしたのでした(玄関別)。

私が住み始めた当初は、1階にはオジサンが一人で住んでいました。不動産屋には階下の住人は「60代の内装業の男性(単身)、息子さんが保証人」と聞かされ、「微妙だなあ」と思いつつ「エネルギー有り余ったヤングな男子学生よりは、枯れた(?)オジサンの方が隣人としてはいいかな〜」と思い住み始めたのでしたが、実際何の問題もありませんでした。途中からオバサンが一緒に住み始めたり、すざましい口論が聞こえてきたり、なかなか・・・でしたが。

いつのまにかオジサンは引っ越していて、そこで水道メーターが一つしかないこの家で、私の水道代までオジサンが肩代わりしていたことも発覚したなど、いろいろありました。

で、今朝、お上品なお母様とともに、ご挨拶に現れた青森出身のハタチ前らしい姉妹。新しい階下の隣人です。一人は大学、一人は専門学校に通うのだとか。いやあ、可愛いです。お母様は「上に住む方が女性だと聞いて安心してました!」と言われてしまいました。いやあ、がんばります!
d0090047_1346429.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-26 13:46
頂き物 その1
d0090047_1393664.jpg


編集部に柿ノ葉寿司が送られてきた。奈良の方からのお気遣いの品。副編集長は風邪っぴきで自宅仕事中、編集長は小食につき、私がほとんど食べてしまった。満腹満腹。
紅葉した柿の葉にくるまれて風情があるし、美味しくて美しく保存食でもあるという、知恵のある日本の食べ物だと思います。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-26 13:15
物干し場・考
d0090047_2243161.jpg


アースダイビング中、煉瓦造りが味わい深い酒類総合研究所の敷地内に物干し場を発見。洗濯マニアは、塀越しにまじまじと観察。

まず「造り付け」というのが贅沢だ。揺るぎない場として配置計画に「物干し場」はじめから組み込まれている。地面はモルタルで固めてあるので、濡れた洗濯物が落ちても、土が付くことがない。

パイプの下部の丸い穴が印象的。いまは針金のコードのようなものが、ジグザグと渡してあるけれど、本来は、棒状の物干し竿を渡したのかもしれない。それも通常の竿ではなく、太い竿が入るであろう径に注目したい。

当研究所は、95年に広島に本部を移転しているため、いまではこの煉瓦造りの酒蔵工場は本来の使われ方をしていない。95年以前の使われ方であれば、ろ過など酒造りに使われる「麻袋」などがある。これぞ「予定された洗濯物」ではないか。

この「造り付けの物干し場」は本来はそうした重たい麻袋(濡れるとさらに重量を増す)を干すために頑丈に作られたに違いない。現在の洗濯物といえば、研究員の作業服程度なので、針金コードで事足りるのである。

ちなみに独立行政法人 酒類総合研究所は、日本で唯一のお酒に関する国の研究機関、だそうだ。関係ないけれど、酒を研究しながら人生を過ごすなんて、素敵だ。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-25 22:32
すてる神、ひろう神
d0090047_1750435.jpg


昨日は中沢新一の「アースダイバー」シンパの皆様と、一日楽しい街歩き。事前の「雨」との天気予報に、合羽と長靴の用意を・・・と思っていたのですが、裏切られて良かった。

その概要はiGaさんの所に詳しくあります。

第四回目となる東京アースダイビング。熱のこもった事前資料、随時GPSで現在地の標高を知らせてくれるガイドさんのおかげで、東京の雑多な景色が、文字通り立体的に見え、ビルに埋もれたその下の「太古の東京」を頭にちょっと思い描いて妄想を楽しみました。私にとって「街歩きは道草的」のため、それを目的にすることはないので、5時間近くのダイビングはなかなかハードでした。

写真は、ツアーのハイライトともいえる? 卵焼きの老舗王子扇屋前での一コマ。

この雑居ビルの前に忘れ去れれたような小さな屋台(ラブホ前)から、お宝ザクザク。masaさん、玉井さん、五十嵐さんの絶妙な「呼び水」で、「立て板に水」で語り出す古老の存在には驚かされました。文献にされていないお宝は、まだ東京には人のお腹の中に眠っているのですね。肝心の話にはほとんどついて行けてなかったですが(汗)、なんだかうれしくなりました。そしてブログの力を感じました。この会を始められた隊長にも感謝です。

捨てる神あれば拾う神あり。

東京は捨てられた様な町ですが、こうして地道に掬い取る人々の力もスゴイのです。
d0090047_182519.jpg
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-24 17:55
二人の世界
d0090047_22521183.jpg


午後、撮影を終えてルンルン歩いていたら(古い?)、壁からシャボン玉が吹き出してきました。壁を覗き見ると、小さな男女が熱心にシャボン玉に興じては見つめ合う、二人の世界があったのでした。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-22 22:55
素敵な形骸化
d0090047_22311783.jpg

古い写真ではなく、おととい撮影された写真です。
古式ゆかしき相棒邸にて「11.20 恵比須講」のお飾り風景。
恵比須講は、商売繁盛、家内安全を祈って縁起物を飾るお祭りであります。

ちょうど読んでいた江戸の本に、『東都歳時記(冬)』として恵比須講で商家が盛り上がるようすがイキイキと描かれた風俗画(木造家屋で一階では鯛のセリが行われ、2階では男も女も子供も奉公人も一緒に酒を酌み交わし騒いでいる)にぐいっと惹きつけられていたところだったので、現代でも家庭レベルで行われているのを知り、びっくりしたのでした。

飾られた縁起物は、腹合わせの生魚、ぼたもち、酒、収穫物でつくった料理、それに恵比寿さんの木彫り(なぜか布袋さんも・・・)。

紙パックのいいちこ、本来はタイを飾るはずが不漁のためイサキがピンチヒッター、でも鯛せんべいも添える。裸銭一万円・・・。即席風の祭壇。背後の壺や置物も泣かせます。魚はよく猫に取られたそうな。

ひと言で言ってしまえば「形骸化」、でもこんな素敵な形骸化ならウエルカム。
いろんな時間の堆積し、重なり合っています。当人たちは、淡々と先祖代々の神事を行っているにすぎませんが、やっぱり自分の代で消しては、という思いがあるのでしょう。

恵比須講は、冬の始まりを意味します。この家では、冷え込んでも、この日を待たずにコタツやストーブが出されることはありません。むかしは、足袋もこの日以降に穿いたそうです。

商家では恵比寿さんは商売繁盛なのですが、ここのように農家では、恵比寿さんは豊作の神さま、漁師にとっては恵比寿さんは豊漁と海の安全。恵比寿さんは働き者でマルチなのです。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-22 22:34
集会
d0090047_23121082.jpg


国分寺にてお店の取材。その帰り道、余談としてお店の人に聞いたF教授の自邸をゲリラ見学すべく、黄昏時の小雨降るなか、住宅街をてくてく。お店の方は間違えようの無いような明快な場所といった口ぶりでしたが、二巡しても見つからず、タイムアップでとぼとぼ帰りました。

誰そ彼・・・

その道すがら猫が集会を開いていました。猫に化かされたみたいだ・・・。
写真の中に4匹みつけてください。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-20 23:17 |
洗濯物 海外編 その2
d0090047_1863111.jpg


裏返して干す方が、ポケットなどの乾きも早いし傷まない。
これって、グローバルスタンダード、ですよね?
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-17 18:07
洗濯物 海外編
d0090047_1758055.jpg

海外の洗濯物もマニア必見です。

2年前夏、コルクの取材で行ったポルトガル。
リスボンの旧市街にて。
たしかワールドカップの準優勝が決まったばかりで、
みな物干しに国旗を混在させていて、面白かったです。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-17 17:58
脱力三人衆
d0090047_14563477.jpg


人の家の洗濯物を眺めるのが好きです。
というと、変態チックでまずいでしょうか?

九段下のビルの谷間の木賃アパートの2階。
ワイシャツの干し方がオリジナルで気に入りました。
裾はやっぱし折り返した方がいいのでしょうか?
[PR]
by ikenouchimiwa | 2006-11-17 14:57



編集者の関心領域
by 池ノ内美和
カテゴリ
全体
家のこと
blog主
メダカ

自宅改修中
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2015年 09月
2013年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
irei blog
K+Y アトリエ一級建築...
三代目のダイアリー
時々日記
Botanic Jour...
Yan's diary
イシハナ雑記帖
BLOWIN' IN T...
アドさんの東奔西走記
そんな日は海幸橋を渡って
Permaculture実践記
ONE DAY
道具学への招待
平野部屋
これもまた家の話
IKEDA隊長BLOG
玄米食事処 やました
Germans nev...
姉妹堂姉舗
歌ったり 走ったり 考えたり
ソラノケンチク
DesignGarage...
鮨おちあい 本日お勧め
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧