<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
容積率オーバー
d0090047_13122455.jpg
d0090047_13123834.jpg


あの〜思いっきりはみ出してますけど〜。

photo by相棒
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-31 13:13
猫瓦権造
d0090047_10521665.jpg

d0090047_10522816.jpg


冗談じゃないよ〜
(携帯写真)
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-29 10:53 |
家の履歴
d0090047_924445.jpg



団地逍遥の帰りに、1年半暮らした上石神井の家を訪ねました。
この家は編集者の松井晴子さんの生まれ育った家(築50年)。もともと家は平屋だったそうですが、松井さんが植田実さんと結婚されてからはお神楽式に2階を増築して、2世帯住宅となっていました。両親が亡くなられてからは、1階を貸部屋として貸されていました。

この経緯は、住む。4号「家の模様替え30年記」をお読みください。
これは編集長の企画で、私は校正紙ではじめて植田さんの執筆原稿を読んで強く惹かれて、編集長に「この貸部屋に住みたい」とアピールした070.gif?のでした。でも原稿の続きを読むと、すでに店子がいる様子でした。

それから1年ほどが経ち、松井さんが編集長に「店子のアメリカ人が出て行ったのだけど、誰かいないかしら」と相談があり、編集長が「池ノ内が・・」と紹介してくれてトントン話が進みました。(不動産に斡旋を依頼したものの”古くて、防犯上不利な1階で、大家さんが2階に住んでいる”客がつかないと断られたとのこと)

庭付きの部屋、共有の広いリビングと広いキッチン、ゆかいなルームメイトと(同世代女性)。あと、イギリスの血を引く猫ギリが散歩で庭を通りかかると鰹節でおびきよせて部屋に招いてかわいがる。私にとって理想の部屋。
当時の写真はこちらこちら

幅180の大きなデスクは、植田夫妻が新婚時代に使われ、そのまえはある建築家アトリエで製図台として使われ、その前は建具だったという「由緒正しい」ラワン製。ちゃっかり頂戴して湘南でも愛用してます。一生の宝物になりそう。

通勤も便利でここで快適快楽生活を送っていました。あるとき東京郊外に暮らしていた娘さん夫妻が赤ちゃんが生まれたのを機に、共働きなので都内の方が便利とのことでが戻ってこられることになりました。植田さん夫妻にとって嫁いだ娘さん(一人娘)夫妻と暮らすことは想定外だったようですが、端から見て、家が住み継がれていくすごくいい話だな〜と思ったのでした。

写真は2階、植田家のリビング。天井は木毛セメント、合板の壁、窓際の本棚・・何でもない素材の時間仕上げ。冬は部屋の中央に時計型ストーブが置かれて。憧れの空間です。植田さんはご不在でしたが、松井さんと久しぶりにおしゃべりして、ギリをなでなでして・・、懐かしい気持ちで帰路についたのでした。
d0090047_1443690.jpg

暑そうなギリ。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-28 13:45
団地逍遥
d0090047_11162459.jpg


土曜日、建築家の野沢さんのお誘いで、団地再生研究会が主催する「団地逍遥(しょうよう)」で石神井団地を逍遥しました。私は上石神井に1年半住んでいて、石神井公園では仲間と野球をしていたし、個人的にすご〜く懐かしいエリアです。池に緑に、石神井公園はほんとうに豊かな公園。

石神井団地は公園のすぐ南にある。昭和41年築の団地自体も公園のようで、手入れもいきとどいていて管理の健全さを感じさせます。案内人は、当時伝説の?公団東京支社に在籍された小林明さん。公団は前川氏や津端氏などに代表されるような「神様のような」建築家の出向も多く「役目が終わったら解散するような」団体だったよう。小林さんも設計事務所からの出向者。当時、公団の標準設計である「南面平行配置」は画一的で単調だとの批判もありました(しかし、樹木が大きくなった今はそれを感じさせない団地は多いです)。

公団発足から10年経っていた、石神井団地の計画では、住棟が有機的に雁行しているのが特徴的です。配置計画はヨーロッパのそれに学び、住棟の配置やオープンスペースの取り方、南入りか北入りか、検討に検討を重ねられたとのこと。しかし「標準設計」の壁はあつく(採光と住戸の数と積算の観点から)有機的な住棟の一部は修正されて、平行と雁行の折衷案でまとまったのでした。

配布資料にあった小林さんの初期案というのはすごく魅力的に映りました。現に、参加者から、「今振り返って、もしこうだったら(当初の計画のが通せたら)よかったのに?ということはありますか?」と質問がありました。
それに対して「そういうことはないですねぇ。それよりも強度の低いコンクリート、木網セメントのうすい断熱材、ペなペなのアルミサッシュなど今と比較すると技術水準があきらかに低い。技術格差を解消してあげられたらよかったなぁ」との返答。75歳好々爺という風貌の小林さんの優しさにじーんときました(涙)。見学会の主題ではありませんが、ほんとうにベストを尽くすと、人は悔いることない心境になれるのでしょうか。戦後、圧倒的な住宅不足の中で時間はなかったはずですが、練りに練られた計画だっだなぁ。ものづくりに欠かせない、時間と情熱。。

スケルトン&インフィルのインフィル部分。埋められる「技術格差」はあります。まさに団地再生の仕事ですね。URの方に聞いた話ですが、昭和30年代の団地は建て替え、昭和40年代は補強して使う方向にあるそうです。前者は賃貸、後者は分譲という違いも関係してそうですが。緑地を更地にして建て替えてしまう悲しい事例が少なくありません。やむなく建て替えとなっても、やむなく高層化しても緑は保全する多摩平のようないい事例を応援していきたいです。

d0090047_111634100.jpg


左から野沢さん、小島さん(公団設計課で石神井団地を担当された)、小林さん
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-28 11:30
私のケータイ
d0090047_1014283.jpg



いいなぁ、iphone。これ一つでフットワークが軽くなる感じ。
softbank歴1年。ホワイトプランの980円端末(スーパーボーナスプラン)なので端末ローン1年残・・・。(ローン中のサムソンは使いづらくて相棒の旧機種を使用中)
とにかく二重債務は耐えられません。softbankのiphone料金体系はコチラ

1年待てば絵文字が打てるようになりますよね・・071.gif

せめて、待ち受け壁紙をクマノミにしたりして。。画面小さいっ。。
ちゃんと日付と時計、slide to unlockはflashであります。ただしスライドしても何も起こらない、無機EL。指紋がつくのみ・・相棒はメール着信音もiphoneの着信音。iphone妄想ユーザー。

クマノミ画面って、iphone発売前のイメージ画像なんですけどね。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-24 10:26
ザ・ブッカ
d0090047_1149530.jpg


畑では小菊が最盛期。
旧盆、それから盆の時期はよく売れるそうです。
出荷できない茎の曲がったものを時々もらってきます。
黄色、白、ピンク・・・三つそろうとThe仏花って感じですが、
一色だけだと可憐です。

今回、活けてみましたのは、シタデール・メープルシロップの空き瓶(平たいので壁際に納まりがいい)と西表でオジーにもらったマーニ細工の指ハブ(試験管が入ってます)一輪挿しでございます。差し放し、池ノ内流。

ところで神奈川は相模原のあたりは旧暦、湘南は新暦でお盆を迎えます。
あともう少し。親戚人が沢山あつまりますが、エアコンのない相棒の家は暑かったなぁ・・。実感として、古い木造は暑い!(久しぶりに住む、コンクリートのマンションはエアコンなしで涼しい)。
今年も盆飾りウォッチングが楽しみです。

d0090047_1233986.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-23 12:10
いいもんの「クモ」です
RSSの方&クモ嫌いの方むけに、ストレートなタイトルをつけました。
嫌いなのに見てしまった人、スイマセン。

相棒の家は築五十年強。
ほとんどの窓に網戸がないので、虫ウェルカム状態。室内に居ながらにして、いろんな虫が観察できます。こんなクモもいます。その名はアシダカグモ、10cm強。
はじめて見たときはおののきましたが、人に害はなく、むしろ味方
ゴキブリを食べてくれるらしい。ゴキブリぎらいの人は飼ってみるのも手?

しんぶんで風を送ったら、サササっと音もなく、戸の向こう(廊下)に逃げました。

もしも私が虫だったら・・・という興味深いV(グリーンポルノ)を紹介している友人のブログをご紹介。(18歳以下禁止・・)

d0090047_22465169.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-21 22:49
一夜にして・・・
d0090047_10281729.jpg


わさわさと繁っていたプランターのミントが食べられてしまいました。
犯人は、大きなあおむし。全長10センチほど。
まさに
いしんぼうのあおむしくん

「こら!」とのぞくと、擬態でとぼけます^^;(写真下)。
あのー、太りすぎて茎に見えませんけど・・
にくめません・・。

しばらくすると、またはむはむと食べ始めます。
今朝みたら、消えていました。
さなぎになったんでしょうか。

(photo by相棒)
d0090047_10391869.jpg
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-18 10:33
多摩平の森
d0090047_23382375.jpg



八王子のUR都市住宅技術研究所旧住宅公団の集合住宅博物館へ。

同潤会、晴海高層アパート、多摩平のテラスハウスなどがきちんと復元されている。上の写真は同潤会代官山アパートの独身棟の一室。こんな造り付けベッド&収納よいな〜。(ベッドの上は天井低い方がいいし)。建築的なディテールは色あせるどころか、新鮮。1時間の予定が3時間も滞在してしまいました。案内の女性いわく、かつては関係者・技術者しかこない場所だったが、最近は一般の人々(団地萌え)が沢山訪れてるそう。

帰りに昭和30年代に建てられた多摩平ニュータウン一帯を見ながらてくてく豊田駅まで帰る。団地の間に、うそみたいに巨木のケヤキやイチョウが林立していて驚く。
森のようになった緑をのこしたまま、徐々に建て替えが進んでいる。
価値は建物より緑地にある。いい印象を持った。

建て替えを待つ古びた中層棟がわずかにある。
ひとけはなく、しーんと静まりかえっていて・・のびた雑草が瑞々しくて青くさい。
なにか物語が生まれそうな独特の雰囲気。

d0090047_23384289.jpgd0090047_2339171.jpg
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-16 23:53
住みたい団地
d0090047_20341339.jpg


きょうは早起きで団地取材の一日。
天気を心配してましたが、この快晴。
梅雨明けでしょうか。

時間がたった昭和の団地の魅力は何よりこの緑地。
コモンスペース。
「個人のものでもない、かといってパブリックな場所でもない、得体の知れない緑地のようなもの(=コモン)を、市民たちがどのようなかたちで団地の中に共有することになるのか」(津端修一)
参照

戸建ではこんな豊かな庭はむつかしい。
団塊の世代の、団地仲間三人組。
新築当初から27年住み、子を育ててきました。
自分たちの環境をまもるためには、活動も必要です。
欅は守られました。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-07-15 20:39



編集者の関心領域
by 池ノ内美和
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
家のこと
blog主
メダカ

自宅改修中
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2015年 09月
2013年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
irei blog
K+Y アトリエ一級建築...
三代目のダイアリー
時々日記
Botanic Jour...
Yan's diary
イシハナ雑記帖
BLOWIN' IN T...
アドさんの東奔西走記
そんな日は海幸橋を渡って
Permaculture実践記
ONE DAY
道具学への招待
平野部屋
これもまた家の話
IKEDA隊長BLOG
玄米食事処 やました
Germans nev...
姉妹堂姉舗
歌ったり 走ったり 考えたり
ソラノケンチク
DesignGarage...
鮨おちあい 本日お勧め
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧