<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
つくばの旅
d0090047_9375521.jpgd0090047_9382913.jpg
d0090047_9385416.jpg



つくばに行ってきました!

つくばというと以前、東京駅からバスで建築研究所に取材で来たことがありますが、殺風景で不便で・・・TXができて劇的に便利になりました。駅前の通りがきれいに整備されてます。

改札を出て観光案内所で自転車をレンタル(一日500円)まずは須田帆布へ
快晴のなか、筑波山が美しく見えます。

須田さんとは2年半前、帆布のバッグの企画があったときに電話で話したところ、バッグの話はさておき、家の話に聞き入ってしまい、思わずその数日後に須田さんの茨城・行方の週末住宅を訪ねていました。名もなき大工さんが建てた築70年の古い家を買い、ご夫婦でこつこつ改修した家。古い家は沢山みていますが、たぶん一番印象的だった家です。谷戸の奥の人工物が見えない、隠れ里のような立地と、ゆがみがまるでない平屋の小さな家。とても美しい佇まい。(価格をきいてびっくり・・・掘り出し物だと思います)掲載

つくばにいい土地を見つけたんだよね〜、そのときすでに、つくばの工房の構想を話していました。自宅も八潮にこだわって建てられていますから、普請道楽・・・ですね〜。その工房が完成したと聞いて、訪ねたのでした。

かんな日本一、といわれる大工、しかも設計も家具のデザイン製作もされる阿保昭則さんの仕事。手触りのいい椅子もかんな仕上げとはオドロキでした。

一階はショップと工房、二階は田園風景とその先の山をのぞむ眺めのいいカフェになっています。

楢のテーブルと椅子、オールドパインの床、砂漆喰(だったかな?)の壁。このところ、住む人の意志をストレートに感じるざっくりとした空間に惹かれていたのですが、すみずみと気を配ったきめこまやかな空間はやはりいいですね。思わずふれたくなる素材に包まれて、居心地のよさげな場がここかしこにありました。
新築の家特有の、糊付けがされアイロンがびしっと掛かったシャツのような・・・感じがまるでなく、なじんで気さく。須田さんがつくる鞄のようだったのでした。

阿保さんという方、気になります・・・
時間を忘れて滞在してしまいました。


d0090047_1025421.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-29 11:12
人形(ひとがた)
d0090047_169554.jpg



一二月三十一日 午後一時

○諸々の悪事災難を祓い清め、よろずの幸福と繁栄を招く大祓神事を執り行います。
○在中の人形(ひとがた)にご家族の氏名と生年月日を書いて、人形で身体をなでて息を吹きかけ、この袋に入れて総代の方へお届けください。




六月三〇日と一二月の二回あります。
前回、息を吹きかけるのを忘れてました!

wikipedia{人形}
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-28 16:24
恵比須講
d0090047_2125782.jpg


今日は恵比須講でした。
二〇〇六年の恵比須講

今年は鯛がちゃんとあります。
を置いてるのは、益々のご発展を・・・ということらしい。

鯛と同じくらい大切なのは通称「甘いの」。ぼたもちです。
この家のぼたもちはこしあん。昨日こしあんを作りを見てましたが、小豆は何度も湯を替えて静かに煮込み、ざるで裏ごして小豆の皮を取り、さらに晒しで漉す餡づくりの工程はなんとも大変・・。
でも、舌触りがよくて美味しい〜(名古屋の実家は粒あんでした)。

この日の夕ご飯はご飯茶碗にぼたもちが・・。それはちょっと珍しいのではないですか(笑)。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-20 21:11
家に光
d0090047_11352315.jpg


家に光を。
農業専門誌のことではありません^^

小さい部屋歴長いですが(^^;、使い勝手は工夫次第でなんとかなりますし、
気分的な狭いな〜〜感(^^?は、光と緑が部屋に行き来することで、ずいぶん奥行きが生まれます。

「ミラー」は福生の古道具屋さん福中で。

最近手に入れた、スワロフスキーのウィンドウクリスタル。光の屈折率の違いで虹が生まれます。

d0090047_11351037.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-19 11:45
芍薬の株分け
来春に向けて、芍薬の株分けをしました。

株は地中でどんどん大きくなってしまうことで、葉や花が混み合ってきます。
10年に一度くらい順番に掘り起こして株分けをして、埋め戻します。

まず土を払い、ホースで水洗いします。
d0090047_1048342.jpg


それから鑿と槌で「外科手術」。
「もうちょっと早く来て貰わないと〜手遅れ寸前ですよ〜」とドクターがぶつぶつ。
d0090047_10485864.jpgd0090047_1049121.jpg

本邦初公開?これが芍薬の株ダ!
芍薬の根を見ていたら・・・
チェコの映画、切り株が悪さをするグロイ映画『オテサーネク(妄想の子供)』を思い出しちゃいました・・)。
d0090047_10562463.jpg

芍薬の根は漢方でよく知られています。
美しい花の下で、このような根ががんばっているんだネ。

虫にやられないように消毒液に半日ほどつけ込みます。
d0090047_10583423.jpg


45センチ間隔で、畑に埋め戻します。
土は牛糞が隙込んであります(平塚から1t5000円で購入)。固くなった土をふわふわで栄養たっぷりにします。ただし窒素とリンの化学肥料も撒きます。
d0090047_10585999.jpg


来春、元気に逢いましょう!
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-17 10:52
トマト隊
南会津、南郷トマト農家にて。
南郷のトマトは10月いっぱいで出荷は終了。雪が降る前に温室を片付けねばなりません。大きく伸びた苗には、まだトマトがついています。残ったトマトを収穫したあと、支柱に結わいてあるトマト苗を鎌を使い外して、最後に根っこを抜きます。
片付ける代わりにトマトを貰ってくるというのがトマト隊の狙い。ギブアンドテイクですね004.gif

d0090047_1004154.jpg

ビフォー

d0090047_1005279.jpg

アフター

d0090047_1002921.jpg

「設計で食えなくなったらトマト農家やるといい」と手際のよさにトマトのプロよりお墨付き(?)をいただいた相棒。
d0090047_9595948.jpg

トマトと町工場へのオマージュ。
リアルクローズ・・
d0090047_1001833.jpg

青いトマトはいずれ赤くなります。
青いままピクルスにすると美味しいらしい。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-17 10:08
火遊び


一度、やってみたかったことです。

d0090047_9374390.jpg


山で松ぼっくりを沢山拾ってきて、ストーブで燃やしました。
よく乾燥した松ぼっくりは油分が多く焚き付けに最適と聞いたことがあったので。

実際、ぼうぼう燃えてよい◎
松ぼっくりのシルエットを残したまま赤く燃えるので、キレイ016.gif
なんだかクリスマスソングが流れてきそうな・・

ついでに、山荘の裏に栗の殻が沢山あったので燃やしました。
これも油分を含むからかパチパチと先端からすぐに火が付き・・・
光ファイバーのようです。

d0090047_9372854.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-17 09:43
薪ストーブが食卓
南会津の山荘にて。
設計は丸谷さん、担当は大谷さん(相棒)。築14年くらい。
こういう山荘を作りたいという方、ご連絡ください〜(営業)001.gif

一角に薪ストーブが置いてあります。
台所で下ごしらえして、調理はストーブの上で。
暖を取りながら、食べながらが楽しい。
凝ったことをしたくないので、ソトメシ的感覚で出来合のものを利用します。
広い空間ですが、ほとんどこの隅っこに居座っていました。

d0090047_13453290.jpg

朝食 ご飯と味噌汁といわしの蒲焼き缶(直火可でした!)
d0090047_13455732.jpg

夕食 水炊き、ご飯、焼き鳥缶。
d0090047_13454316.jpg

朝食 雑炊、味噌汁。
d0090047_13462146.jpg

夕食 トマトカレー 葱焼き 焼き鮭 ご飯
d0090047_1346889.jpg

朝食 焼きおにぎり ソーセージ 味噌汁
d0090047_13464892.jpg

チョー廉価な時計型ストーブですが、かくも楽しいものとは。
右は煙突からのヤニ受けです。メンテナンス時期に来ているもよう。
d0090047_14204473.jpg
d0090047_14205315.jpg

半分テーブルで半分掘り炬燵状になってる大きなテーブル、真似したい〜。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-12 14:05
おじいちゃんとおばあちゃん
d0090047_13452863.jpg


究極はおじいちゃんとおばあちゃん。
この方々が幸せなら、世の中は幸せだ。
誰もがおじいちゃんとおばあちゃんになるのだから。
とってもシンプルなことなのになぁ・・・。
そんな事を感じた南会津の旅でした。

南会津の亀ノ介さんご夫妻は、林檎農家。
ジョナゴールドと北斗と富士を生産してる。あと米と野菜も。
二人暮らしです。失礼ながら90度以上曲がった腰で、どうしてこの仕事量ができるの?!と思います。

一昨年もここを訪ねたのですが、
今年も傷物、色がつかなかった、訳あり林檎を安く分けていただくことに。
もってけーもってけー、獣に食わすしかないからーと米袋に5つ分も。
「車が沈んじゃいますよ」と相棒が言うと
「車は文句言わんから大丈夫」とおじいちゃん。ウィットに富んでます^^。
「傷もんだからジャムにすればいいから」とおばあちゃんは言うけど、
そのまま食べて全然OK!
見た目はスーパーに並んでいるのと同じ、
でも味は瑞々しくて美味しい林檎なのだ。
農協の基準に沿うと、半分以上がはねられちゃうんじゃないかと思える。

もったいないことです。
ここに若い跡継ぎがいたら、たとえば産直所に出すとか、
ジュースに加工するとか、何かするかもしれない。
子供たちも田舎がいやで出て行ったのではないかもしれない。
それで生計が成り立たない日本なんだからしょうがない。

世襲制というのも限界かなと思える。
若い人で田舎で積極的に暮らしたい人は沢山いるのだから。

帰ってきて知り合いに送ったりしてるんですが、消毒を拭いて、選別して、箱詰めだけでも私にとっては労働だ〜という感じ。甘いですね。収穫から出荷までお二人でやってるとは頭が下がります。

まずは林檎を食べようと思う。
バレンシアオレンジよりマンゴフルーツより国産の林檎です。
(言ってる事が米の話と同じですねー)
南国育ちのフルーツは体を冷やすけど、北国でつくられる林檎は陽性食品らしい。
一日一個、林檎食えば医者いらずともいうし。
見た目もなんともかわいらしい。
パソコンもAppleだし・・・これは関係ありませんが。

自給率向上を目指すなら、石破さん!
まずは東北の農家を回った方がいいと思う。
下手な改革とかむしろ迷惑です。まずあるものを見直して活かすのがいい。米も林檎も余ってますからー。

東北は寒いですが、水も土も森もほんとーに豊かです。
南会津は東北の端っこですが、野菜ってこの寒さが大切なのかなと思わされる。
ネギや白菜、関東のと味が全然違います。
紅葉は寒暖の差で色づく訳ですが、林檎もトマトの色づきも原理は同じらしい。
これももってけー、と大〜きな白菜を三つ持たせてくれた、おばあちゃん曰く
「こういっちゃ悪いけど関東の白菜はもやってるから(柔らかいってこと?)」

来年は林檎収穫ボランティアかなぁ(笑)。
あと、理由あり林檎をJAさがみに売り込むとか・・

ところで東北弁・・・全然分かりません。
亀ノ介おじいちゃんが私の横で語ってくれてるのですが、
一分間くらい、一語も分からない・・・。
でもすごくキレイなんですよ、東北弁って。

「おじいちゃん・おばあちゃん好き」としては、全国各地の80代の方に昔話を聞き書きしてみたいのですが、言葉の壁は大きい。歴史好き、地理好きの相棒はおじいちゃんの話を単語を足がかりに結構聞き取ってて通訳してくれた。ちょっと悔しいな014.gif
80代の方の若い頃の暮らしってほとんど異文化に触れるようで本当にわくわくします。その前に、基本的なことを勉強しなくっちゃだ。
d0090047_13454478.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-11 13:59
定位置です
d0090047_1145431.jpg


南会津にトマト農家のお手伝いに行ってました。
トマト温室の片付けの報酬として残ったトマトが沢山もらえます。
この時期にトマトはうれしい。

東北はすでに「冬」。紅葉がきれいでした。
一昨年はコチラ

写真は、田島駅近くの美味しい地酒が並ぶ酒屋さんの猫。
私は床暖房猫目当て。
いましたいました、同じ場所に。

写真を構えるとあわてて「よっこらしょ」と立ち上がり、
ポーズを取ろうとする姿が素敵。

d0090047_1145559.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2008-11-10 11:52 |



編集者の関心領域
by 池ノ内美和
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
家のこと
blog主
メダカ

自宅改修中
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2015年 09月
2013年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
irei blog
K+Y アトリエ一級建築...
三代目のダイアリー
時々日記
Botanic Jour...
Yan's diary
イシハナ雑記帖
BLOWIN' IN T...
アドさんの東奔西走記
そんな日は海幸橋を渡って
Permaculture実践記
ONE DAY
道具学への招待
平野部屋
これもまた家の話
IKEDA隊長BLOG
玄米食事処 やました
Germans nev...
姉妹堂姉舗
歌ったり 走ったり 考えたり
ソラノケンチク
DesignGarage...
鮨おちあい 本日お勧め
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧