<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
お山
少し前ですが(2月8日)、伊豆の大室山大室山の山焼きに行ってきました。標高580mのぽこっとお椀を伏せたような小さなお山。二人乗りリフトで上がる山頂からの眺め(相模湾と富士山)も最高です。

大室山は木が一本もはえておらず、いちめん茅(かや)で覆われている。山焼きは700年以上前から行われている伝統行事だったらしい。炭俵や肥料に使っていた茅の育成をうながす目的があった。いつからか茅自体が使われなくなったため山焼きは途絶えていたが、昭和55年に山焼き保存会が発足し、山焼きが復活した。

d0090047_13322270.jpg

山焼き前。ライオンが寝ているような姿。

d0090047_13323757.jpg

山焼き後。地元消防団によってたいまつで麓の茅に点火、
ものの20分ほどですっかり焼けてしまいました。

d0090047_13325483.jpg

逃げまどう人々、ではありません。結構火元に近づけます。

d0090047_13585423.jpg

火と火がつながり、だんだん勢いを増してきます。

d0090047_1333919.jpg

火は怖いけど魅力的、素敵。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-26 13:56
ジョリー?
d0090047_11391677.jpg

d0090047_1139376.jpg


伊東の商店街に名犬ジョリーがいました。
カーテンの隙間から半身だけ出して、あたりの様子を見張って?ました。
さすがピレネー犬!(違うかな?)

ジョリー懐かしいなぁ。。犬の話は泣けますね。
ひと昔前のアニメはいいものが多い。


[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-26 11:48
味噌づくり二〇〇九
味噌は名古屋人の魂? 今年こそは味噌を自分で作ろうと思い立ち、名古屋の母からレシピと麹を送ってもらっていたのですが、なかなか着手できずにいました。
「味噌は寒の水で仕込む」が基本ですから、寒い日を狙って味噌を仕込みました。
不慣れでバタバタしました。うまく出来たか、ちょっと不安ですが・・・

d0090047_14222581.jpg

一晩、大豆2・4kgを浸水。まんまる大豆が豆型にふくれるのがいつもながら不思議。豆は東北宮城のワタナベさん(文筆業・兼米農家)に送っていただきました〜。
宮城の去年の豆は豊作だったとのこと。味噌にしてしまうにはもったいない、ぷりんぷりんの豆です。茹でたてをばくばく食べちゃいました(分量が変わっちゃうかとあとで心配になるほど)。重ね重ね味噌にするには、もったいない〜!失敗できないとプレッシャーがかかります。

d0090047_14223961.jpg

使った「麹(こうじ)」一覧。豆麹3本、米麹5本、麦麹2本。
この配分次第で白味噌か赤味噌かミックスになります。
母がつくる味噌はてっきり「赤味噌」だと思っていましたが、ミックス味噌でした。
赤味噌には麦麹は入れません。本当の赤味噌ってどんだけ赤いの??

d0090047_14225916.jpg

圧力釜に4回に分けて炊いた豆(親指と薬指で簡単につぶせるやわらかさ)を
もちつき器(刃を替えると味噌用として使える)でつぶします。

d0090047_14231313.jpg

捏ね鉢で、つぶした大豆、麹、塩と煮汁少々を合わせてまぜます。
相棒の家では、昭和20年代以来味噌造りはしていないようですが、
味噌造りに必要な道具はひととおり揃ってて助かりました。
かっぽう着と三角巾もマストアイテム(笑)

d0090047_14233323.jpg

とにかく雑菌が混ざると大変なので、清潔第一。気を配りました。
使う容器はすべて焼酎で洗って使います。
おろしたてのゴム手袋(焼酎で洗った)でこねこね。

ちなみに相棒父・談の昭和20年代の味噌造りはみなで裸足で味噌をつぶし、
味噌突きをすると足が少しキレイになったそうです(笑)。
そのころの味噌菌は少しくらいの雑菌には強かったんでしょうか?

d0090047_14234953.jpg

まるめる。

d0090047_1424826.jpg

ビニール袋をかぶせて塩を振った容器の底にたたきつけるように(空気を抜く)味噌玉を入れる。
平らにならして、表面も塩を振る。この上にさらし(熱湯消毒済み)をかぶせ、袋の蓋で密閉します。味噌の発酵菌は嫌気性なのです。

d0090047_14242261.jpg

完成! 13時からはじめて慣れずにもたもたして、途中相棒の手もかりて
18時までかかりました。昭和20年以降、60年のときを経て物置状態だった「味噌蔵」に納めました。口開けは11月。楽しみが増えました。

d0090047_14243943.jpg

この通りに作りました。click
母が言うには「都会の味噌」だそうです。。

次回(2011)のために備忘録
・大豆も作る
・大鍋で一度に豆を炊く(圧力釜は一度に炊けないし、むらし、減圧などめんどう)
・薪で炊く。
・もちつき器は蓋を押さえてスイッチオン。
・米麹を増やしてもうちょい白くする(手作り麹を滋賀のMちゃんより調達)
[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-23 14:48
はつうま
d0090047_18353171.jpg


今日は初午(はつうま)。稲荷さんの祭日だそうです。

2月はじめての午の日(今年は2/18)が初午にあたります。

床の間と鬼門にある稲荷様にお供えします。
お供えは、神酒、藁つとにお赤飯、油揚げ(やっぱり大好物なのですね)。
おまけにミカンとお菓子。

神様の中で一番個性的なお稲荷様、怒らすと怖いですから、大切にしないといけません。

稲荷神の信仰は、農耕を司る倉稲魂神(うがのみたまのかみ~宇迦之御霊神とも表記)を祀って五穀豊穣や福徳を祈願するものですが、キツネを稲荷神の使いとして油揚げを供えたり、初午団子などを作る風習もあります。
江戸時代には最も盛んな信仰となり、俗に数が多くて目につくものを『伊勢屋稲荷と犬の糞』などと皮肉ったりしました。

大阪仏壇仏具越後屋のHPより

wikiには
江戸に多い物として「火事 喧嘩 伊勢屋 稲荷に犬の糞」というはやり言葉があったほど
とありました。犬の糞と並列するとは、江戸っ子って罰当たりですね^^;信仰もご都合主義的に使っていたことがうかがえて面白い。

d0090047_18354466.jpg

[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-18 18:28
(音声を変えています)
丸山マルさん(仮名)主婦

d0090047_214546.jpg


最近・・・私ひきこもりがちで・・

d0090047_215748.jpg


出会いがないんです!!
[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-13 21:09
豆のまき方
d0090047_16264397.jpg


昨日は、豆をまきました。
窓や扉を開けて、内から外にオニワーソト、外から内にフクワーウチと各二回いいながら撒きます。(普通ですね)

煎った豆って美味しいですね〜。
一年に一度しか食べないのが惜しい。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-04 16:29
仕事場
d0090047_15562582.jpg


隠居猫と仕事中。(左にしっぽ)
掘り炬燵は、足だけあったかいだけで、足湯のように全身ほかほかしてきます。
掘り炬燵付きオフィスってどうでしょう。

低エネルギー、頭寒足熱の理想系。

眠くなるのが難点。。

d0090047_15571529.jpg


今日のまる。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-04 16:01
偶然
先週の話。横浜東口、献血ルームにて。
気まぐれで行く成分献血の受付の手続きをしてると、
婦長さんっぽい看護婦さんが、「あっらー大変よ!」と受付に来ました。

「??△◎ 男さんって同姓同名の方いるのよ〜間違えそうになったから気をつけなきゃ」とのこと。その名前は決してありふれた名前じゃない。全く同じ名前で同じ歳の人が同じ時間に同じ場所に来るってどのくらいの確率なんだろう?しかも献血ルームという特別な場所に。興味を持って注目した。

奥に行くと、検査用の採血を待つところで、若い男性二人が横並びに座って、お互いに「(照れながら)どうも〜」という感じで会話してた(笑)同じ名前のA型君とB型君

A型「△男の△はどんな字書くんですか〜?」(それも同じだった)
B型「歳も同じなんですね〜」
A型「インターネットで自分の名前検索したことあるんですけど、もしかして駅伝選手じゃないですか?(違った)」
A型「じつは去年結婚して」
B型「へ〜おめでとうございます。僕はまだ」
A型「戸籍を調べたら△は難しい方の書き方だと知ったんですけどね」
B型「そうなんですかー」
A型「関係ないですけど、昨日子供が生まれまして」
B型「えぇっ!」・・・

と、同姓同名君が二人で会話してるのはほほえましかったです。看護婦さんたちも、「あ〜仲良くなってる〜」なんてくすくす笑っていて、なんだか、献血ルーム全体がハートウォーミングな雰囲気になってました。ちなみに「A型の??△さ〜ん!」とか血液型で呼ばれてました。

横浜の献血ルームはとても清潔で居心地がいい。時々たちよるカフェ?的な場所で、おやつ(アイスクリームとジュース)、リクライニングシートでお昼寝(献血時)、お土産(シャツ、歯磨きセット、カレーなどいろいろ選べる)付き+社会貢献(これがメインなのだが)で。しかも、後日、コレステロール値など15種類の血液検査結果が知れる。真横に置かれた成分献血の機械は見てると面白い。血液が管にとられて、成分だけを遠心分離して、またその血液を体内に戻すのです(返血)。
[PR]
by ikenouchimiwa | 2009-02-01 15:25



編集者の関心領域
by 池ノ内美和
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
家のこと
blog主
メダカ

自宅改修中
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2015年 09月
2013年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
irei blog
K+Y アトリエ一級建築...
三代目のダイアリー
時々日記
Botanic Jour...
Yan's diary
イシハナ雑記帖
BLOWIN' IN T...
アドさんの東奔西走記
そんな日は海幸橋を渡って
Permaculture実践記
ONE DAY
道具学への招待
平野部屋
これもまた家の話
IKEDA隊長BLOG
玄米食事処 やました
Germans nev...
姉妹堂姉舗
歌ったり 走ったり 考えたり
ソラノケンチク
DesignGarage...
鮨おちあい 本日お勧め
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧